« 観客 | トップページ | ペアダンス »

ソロ

これに賭けてた!

まだダンスと出会ったばかりの頃は1人で踊ることの重大さがあまり分かっていなかったように思える。とりあえず上手い人のやることで、との事くらいで・・・・。

だがこれがダンスを少し分かってくるとまた事が変わってくる。自分が上手いか下手かは全く考えずに1人で踊りたいと思うときが来る。いや十分1人で上手く踊れると思いこんでいるかのように!でもこれは必要な事だと思う。これくらいのパワーが無いと先に進めないこともこの先いやと言うほど出てくるからだ。

考えようには1人の方のが楽な場合がある、比べる物が無いからだ。自分がこれが良いと思って踊ればそれが正解!な事だけだが見ている人がどうかだけだ!私が思うに1人で踊るには2つの考えが有るのではと思う、一つは自分のこれを見てもらう。もう一つはこの自分を見てもらうでは無いだろうか。ちょっと難しいですが、前者は自分の思うままを表現した踊り。後者は今までこれに賭けてきたものを踊る。簡単に言うと自由気ままに踊るか極めた物を踊るかだ。私はいつしか後者の方向へ進むようになっていた。だがこれにはもの凄く難関がいくつもあり世の中には想像を遙かに越えるダンサーはゴロゴロ居たことだ!よく言う小さい頃から○○を習っていてと言うのに比べて圧倒的に出だしが遅い私だけに近道をしよう!この言葉に勇気つけられて進んだ!と言っても練習あるのみだけだった。やはり特別な先生に習うのでもないため自分自身行き詰まることも何度もあった。そんなときはフラッと見知らぬ街へ行き練習したり、そういろんな有名なダンサーには個人レッスンをしてもらいました!レッスンするたびにドキドキものでした。今ではその引き出しが凄く役に立っています。結構自分の体に金は使っています。目に見えない価値観ですがいざ大舞台に1人椅子に座りソロを踊る!これが全てを語ってくれると思います。そこにたどり着くまでは何度も格好悪い失敗は有りました。すぐ観客に飲まれてしまいます!目が客席を見れないことばかりでした。観客の目が怖いと言いますがよく分かります。全ては場を経験するで答えは分かりました。今は観客を飲みます!この自信がもてる自分が嬉しい!

◆フィナーレの前の大詰めナンバーが終わる。特効と同時に照明が落ち幕が閉まる。

大役のつなぎの場面!

暗天の中、幕センターより椅子が出る。それに座る。メガネを取り手袋を外しポケットに入れる。足を組み両手を膝にかけ頭を少し下に下ろす。

これが本当の打ち合わせ。

ここが良いところ!そうは問屋が下ろしませんでした。

足を組む所の少し前でピンが私を指しました!次の瞬間全く違うリアクションのスタートです。

おもしろい!凄い場面を私にくれた!と最大のチャンスをもらいました。

時間にすると3分弱!25年のダンス人生!ここに集結!そんな感じがした!

|

« 観客 | トップページ | ペアダンス »

コメント

>今は観客を飲みます!

すごいですね!!
私はまだまだ・・・。
昨年感じた悔しさを次の舞台では感じたくない!
観客を飲めるようになるには時間がかかりそうですが、せめて「私を見て!!」と思えるように頑張ります。

投稿: kazu | 2008年9月 7日 (日) 午後 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/506162/11150327

この記事へのトラックバック一覧です: ソロ:

« 観客 | トップページ | ペアダンス »